過去の計画 自分を参考に違う道を

リクルートとか、マイナビとか、自分の履歴書・経歴とは不相応な場所で、就活を試みて、木っ端みじんのボコボコにされた自分は、以下の計画を立てました。 『宅地建物取引主任者』の資格を取る⇒不動産業界に就職する⇒不動産関連の知識と資金を得て、穴場の不動産を自分で購入⇒賃貸収入を得る⇒v( ̄ー ̄)v 確か、株式投資に興味を持ったのも、この不動産購入資金のためには、仕事での収支以外の収入で、二重…

続きを読む

俳優・声優志望の末路・・・というか、その後

自分も、俳優志望の末路ではあるんですが、一般のイメージだと都会の闇に消えて行った・・・みたいなイメージが強いんでしょうか? 一応、俳優志望として7年近く活動していましたので、自分の知る真実を語ります。 います。 借金で首が回らなくなって、携帯が通信不能になってて、家から高飛びして消息不明になっちゃう人。 俳優・声優志望は、親からの支援を受けられない人が多くて(普通の親なら反対すると思…

続きを読む

どうにもならないこともある・・・実家の話

ちょっと、愚痴がてらに、少しナイーブな話をします。 実は、期間工するにあたって、実家に少し荷物送らせて貰えないかと、父と交渉したことがあります。 結果は完全拒否。理由はめんどうくさいのと、自分がお金がかかる可能性が少しでもあるかもしれないから、嫌だと・・・。 次男の話を聴く限りですと、父は「自分はもう死ぬんだから、死んだ後の事なんか知ったこっちゃない」という考えらしいです。(実際、…

続きを読む

25歳までのストーリー

「うちにはお金がないから。」 それが自分の父親の口癖でした。何をやっていても、なにを聞いても二言葉にはその言葉。自分の父親は、中小企業に平社員で、年収200万代の人でした。「こんな生き方は絶対にしない」そう子供心に誓っていました。 お金がない家でしたので、子供の頃外で遊ぶよりも家の中でテレビばかり観ていました。子供心にそのテレビに映る人たちがまぶしく思えました。だから、高校を卒業して俳優を目…

続きを読む