2017年05月20日

期間工 慣れてくれば身体が痛くなくなる?

身体痛くて・・・眠れねぇ・・・またかぁ・・・。

期間工の組立のラインの作業、重労働ではありませんが、一日中身体を使う作業になります。
半年間とか一年やってれば身体が慣れて痛くなくなる・・・わけないだろ(笑)

期間工の作業は、ランニングとか持久走のイメージをしてもらえればいいと思います。
初めは、走り方もペース配分も分からないから、がむしゃらにやってへとへとになるんですが、何度もやってくうちに、走り方ややり方を最短最小で動けるようになり、必要な体力もついて、ペース配分も分かってきて、最初に比べればずいぶん楽に走れるようになります。
っても、楽になるだけで、疲れるもんは疲れるし、身体痛いもんは痛いんだわ。
特に自分は作業の中にヘの字になる作業があるんですが、そこまで変な体勢になるわけじゃないんですが、一日中やってると背中痛いっすわ。
(逆に上向いてⅬの逆みたいな体勢になる人もいます。)

期間工は、あくまで期間限定の職業であって定職ではないですので、世間一般のイメージは悪いと思います。
家族や友達に期間工って言ったら、まぁ普通は怪訝な顔されると思います。
・・・とはいえ、組立・車体・塗装・・・どの工程に入っても大小のつらさはありますし、何と言ってもきついだけで、あんまり面白い作業とはいい難いと思いますので、自分と同じ工場で働いている期間工の方々、そして、他のいろんなメーカーで勤務している期間工の方々に、自分は敬意を払います。
実際に期間工の作業見たら、馬鹿になんてできないと思うんですけどね。
(心情は「帰りたい」とか「だるい」とか考えてる可能性が高いんで何とも言えませんが、見た目は)

いろんな立場があって、期間工に来ていると思いますが、期間工来ている時点でいろいろ考えて動いているわけですから、自分の父みたいにぶつぶつ言って何もやらない人よりかは、よっぽど頑張ってると思います。まぁ・・・自分も含めてね。

お互い死んだ目で頑張りましょうーーー!
posted by くろタヌキ at 03:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 期間工 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月18日

期間工 食事の取り方(自分)

そろそろ、工場内の気温が暑くなってきて、また夏がやってきますね(白目)

期間工は、前半と後半の間に昼食を食べる時間があります。
組み立てのライン入ってる方には分かると思うのですが、

・・・昼食、食欲でねぇ・・・・。

前半の作業で、身体が痛いというか、重いと言うか、胃が痙攣してるというか・・・
最初の夏は、ジュースしか飲めない時期もありました。
とはいえ、食べないと身体が持たないんですが、ごはんとおかずをかじるのがホントに精一杯なんですよね。


なんで、自分は朝食を強めに食べるようにしています。
普通に食べる量に、+バナナとか、+ヨーグルトとか、+おにぎり一個とかつけるようにしています。
多く食べる上、コンビニによっての飲食ですので、食費がかさみますが、背に腹は代えられません。
これで、最悪昼飯ジュースだけでも、自分はなんとかなりました。


晩御飯もダメージは残ってるんですが、昼飯ほどではないんですよね。
(余談ですが、期間工は牛乳というかカルシウムは多くとったほうがいいと思います。ストレス異常に溜まりますし、骨を強くしておけば万が一の時骨折とか防げるかもしれません・・・。)
日中の暑さによるものなのか、それとも後半の仕事があることへのプレッシャーのせいなのか?
自分でも原因は分かっていません。
持ち込みがOKなら、ウィダインゼリーみたいな物を持っていくといいかも知れません。


あ・・・あと組み立てに、ひょろい人やデブな人がほとんどいないのは、夏を超えるとどんどんソフトマッチョになっていくからだと思います。(作業に耐えられれば)
なんで、全然心配しなくて来ていいと思いマスよー(白目)
自分も、初めの方結構ヒョロヒョロでしたけど、今じゃ胸筋ピクピク動かせるソフトマッチョ体系になりましたよ・・・いやー筋トレ付きでお金くれるなんて、イイカイシャダナー。

posted by くろタヌキ at 20:44| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 期間工 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

期間工 体調管理は自己責任

身体が妙に痛くて眠れねぇ・・・。

まぁ、期間工に限らずですが、日々の体調管理は自己責任になります。
特に期間工は、身体が資本と言っても過言ではないでしょう。
特にそこまで汗ぜぇぜぇになったり、重い物持ち上げたりする仕事は、一部だと思いますが、ずっと動いてる仕事が基本になります。

風邪ぐらいなら別にいいんですが、病気や傷害(たとえば転倒して足を骨折してしまったとか・・・)で、長期間仕事が出来ない状態になってしまいますと、期間工は更新が難しいでしょう・・・。
更新の一つに、規定日数以上の勤務の項目がおそらくどこのメーカーさんでもあると思います。
どんなに仕事が優秀で、性格が真面目で、将来性があっても、こればっかりはどうしようもないですし、誰にもどうにもできませんので、階段や風呂場では足元油断せずに動くことを心がけましょう。
事実、風呂場でこけて、骨折してしまう人はよく聞く話ですので・・・。

大きなけがでなくても、二交代・三交代で不規則勤務ですと、睡眠が上手く取れなかったりして、疲れがたまりやすいことが多いと思います。
救済処置として3ヵ月〜6ヵ月ぐらい働くと、期間工でも『有給』を貰えるようになりますので、ヤバイな・・・と思ったら、躊躇せずに早めに係長など自分の上司に伝えて休ませてもらいましょう。
余談ですが、当日朝でも勤務時間前でしたら、有給を使える場合もあります。(実際はグレーっぽいんですが、上司との信頼関係にもよるかと思います。)
いくら慣れてる人とは言え、朝高熱が出た状態でライン作業は、きついなんてもんじゃなくて、危なくて前述の大けがに繋がる可能性がありますので、悔しいでしょうが、連絡して休むのがいいと思います。

あと、他の人も自分もですが、薬などの健康関連には出費を多く使っている人が多く見受けられます。
風邪薬・湿布薬・栄養剤・プロティン・足や手に付けるプロテクター・・・下手したら、期間工で一番出費する部分なのかもしれません。
期間工の収入はそこそこありますので、ここに関しては必要経費と割り切ってガンガン使っていくといいと思います。また、赴任してくる際、仕事が始まるまでにこれらを準備しておくことをお勧めします。

・・・明日は、ブラックコーヒー無糖(ペットボトル)を持参して乗り切ろう・・・。
作業中の睡眠不足に関しては、人によってはガムとか飴とかなめたり、休憩時間中に眠る(正確には横になってるだけですが・・・)などして対策してる人も見受けられますね。
これは、メーカーさんの規則などにもよるのでしょうが・・・場所によっては飲み物飲めない工程とかもありそうですし・・・。
posted by くろタヌキ at 03:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 期間工 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする