雇用保険の給付の停止の手続きと転出届と郵便物の転送手続き

先日、派遣会社より期間従業員の採用の旨を受けましたので、失業状態になくなるため、雇用保険の給付の停止の手続きを、ハローワークに赴き行ってきました。期間工の勤務先、特に電話だと正確なものが分からないことが多い(トヨタとかでも自分を雇用してる住所は難しいと思います、いくつかあって・・・)んですが、相手方の住所や電話番号はやや曖昧でも書類は通りました。一応、前回の認定日から、申し込みにきた今日までの分を、今までのハローワークで手続きを行い、明日から入社まで、そして残り日数三分の一以上を残していますので、早期就職手当の対象になります。期間工の契約、三か月とか六カ月とか期限決まってるようにも思えるんですけど、三か月「以上」の契約・6か月「以上」の契約って扱いで、対象になるみたいです・・・なんかいまいち納得しずらいんですが、そうらしいです。早期就職手当には、自分が記載する欄だけではなく、就業先の企業の記載があるため、就業後上司を通して人事に渡す必要がありそうです。期間工に赴任するわけですから、入社祝い金などもあるんですが、利用できるものは利用するに越したことはないでしょう。この早期就職手当、一応一か月以内の提出が求められていますが、ハローワークの方いわく、少し融通が利くらしいとのことをおっしゃってました。自分がやったわけではないんで、確証はありませんが、入社してすぐに有休使いますとか、平日の昼間ハローワークに赴くとか難しいことが多いでしょうから・・・なんとなくわからなくもないんですが。この手続き以外と時間がかかって2~3時間ほど有しました。思ったよりも時間取っていくといいかもしれません。

期間工は合格の際に、赴任先の寮も決まっていて、そこの住所に荷物などを郵送するように伝えられます。自分みたく赴任の際に、住民票を移してられる方は、その住所に住民票を移すことになります。現住所の市役所に赴き、転出届ならびに国民健康保険の停止の手続きを取ってきました。赴任先の住所の市役所で、転出届を渡して転入手続きをとることになりますので、書類は失くさないようにしときましょう。期間工は、入社日に書類に不備が無ければ、会社が社会保険と厚生年金への加入手続きを取ってくれます。その後、郵便局に赴き、郵便物の転送手続きをとっておきました。・・・なんかこれから、マイナンバーを使ってコンビニでも出来るみたいな話を聞きましたが、住民票の入手も含めて市役所・郵便局は土日休みなことが多いので、合格が決まった際にはなるべく優先して赴きたいですね。特に遠くに赴任して知人がそこに居ない場合、けっこう面倒なことになりかねませんから、この辺の手続きはきちんとすませておくといいでしょう。

しっかし、期間工の赴任先で、微妙に都心から外れてるんですよね・・・。寮に関しては、各メーカー1つではなくて、いくつかの寮を持っているんですけど、選べませんので、そこに決まったら腹くくって行くしかないですね。とはいっても、『家族を養う40代の期間工ブログ』とかに載ってる寮情報が気になって見ちゃいますけどね、どうせこれから行くのにね(笑)あと、自分が知る限りは、期間工が寮を移動させて欲しいと言って、移動した話を聞いたことがありません。会社の都合で、人数調整とかがかかった時も、正社員が移動していましたので、諦めましょう。

個人的には、レオパレスじゃなくて良かったな、と。荷物送る時に、会社が管理していれば自分が受け取らなくても、会社が受け取ってくれるんですけど、レオパレスだと自分で受け取らなきゃならないから、時間指定が面倒そうなんですよね。あと、レオパレスは、結構工場が遠いことが多いんですよね。寮で、アタリハズレは、まぁ、きろくがかりさんとかの寮情報見る限り、どのメーカーにもあるんですけど、何をアタリって考えるかですよね。自分は、工場から近い方がいいですね・・・会社の送迎バスに乗って通勤してましたけど、まぁ、会社のいろんな情報聞けるのはいいんですけど、結構辛いんですよね。特に送迎バス+公共機関の通勤だと、時間が本当にシビアな人も多かったりするんですよね。期間工の平日なんて、帰って飯食って少しネット見て寝るだけだしなぁ・・・生活環境はあんまり重視しないから、そこそこ近い寮で良かったわ。


この記事へのコメント