さて、行きますか・・・

先日、派遣会社より選考を受けていた企業より、期間従業員の採用試験を合格した旨が伝えられました。・・・ふぅ、まずは、ほっと一息つきました。『期間工から正社員登用試験を受けて、正社員になる』、その目標を掲げてはいるんですが、今現在『求職中』なわけですし、まずは一歩前に進めたこと嬉しく思っています。期間工になること自体は、そこまでハードル高くないとはいえ、不合格になる人は不合格になりますから。今、現在マンスリーマンションを借りているとはいえ、3・4・5の三か月で退去が決まっていたので、GWに期限切れの恐怖と戦わなくてもいいと思うと、気は楽になりますね。もしも、5月の後半でも決まらなければ、新しく賃貸契約しなきゃなりませんでしたし・・・。

失業保険を受給して、資産もあって、『時間もお金』もある状態ではあったんで、これを羨ましいって思う人もいたかもしれませんし、こういう生活を憧れてる人もいるかもしれませんが、自分は根底に、『働くのって尊いこと、かっこいいこと』っていう気持ちがあるんですよね。・・・それは、かつて役者志望として、身内ばっかりの舞台や養成所で活舌やダンスや演技を必死になって行ってた自分が、同年代の人たちに思っていたこと。だから、働くのが社畜だとか、そういう考えだと、自分とは合わないかもしれません。

自由な時間、何してもいい時間、いつ起きてもいい時間・・・それは、逆を言えば、自分で何もかも決めなきゃならないってことなんですよね。何処に行くにも、何をやるのもすべて自分が決める。だから、目標がある人はいいかもしれないけど、そこに目標が無い自分には、生きてる気がしなかった。生きてるんじゃなくて、ただ息をしてるだけって感じかな。

自分の目標は、『普通に仕事して、普通に生きたい』、そして25歳の時、失った大事な人に胸張っていられる自分でいたい・・・お金稼ぐんなら、働かなくても株式投資やFXで一瞬で稼げる可能性はあるのは事実だと思う、でも、この日本の社会じゃ『トレーダーです』って胸張れるかって言われたら、張れないでしょう・・・。だから、この道を選ぶよ、胸張って生きていく、自分の近づく可能性がある、この道をね。

・・・いうても、期間工の生活や仕事、楽じゃないだろうし・・・今回、正社員志望で赴任するわけだし、『組立』の可能性が高いだろうなぁ、前回も組立だしね。ただ、わくわくはしてる。やっと、前に進める・・・赴任して、工程覚えて、受験資格を得て、登用試験を受けて、合格する・・・無謀でも可能性低いことであっても、挑戦する、目標に向かってぶつかりにいく、そういうのは悪くないね。


この記事へのコメント